Sep 14

“Keep going! You’re almost at the finish line!” 「走り続けろ!もうすこしでゴールだ!」

“Keep the dog from going in the kitchen, please. I’m washing the floor.” 「犬を台所に入れないでね。床の掃除中なの。」

Keepは色々な使い方があります。続けていることや何回も起こることを表します:「練習を続ければすぐに上手になるよ」「いつも車のカギをなくしている」。でも、誰かが何かするのを止めるという意味もあります:「赤ちゃんが携帯を噛まないように」「犬はリードを引っ張ったけど道路に飛び出すのを止めた」。

“Keep” can be used in different ways. One way is to show that an action continues or happens over and over. “Keep practicing and you’ll be able to do it in no time.” “I keep losing my car keys.” But it can also mean stopping someone from doing something. “Keep the baby from chewing on my phone.” “The dog pulled on the leash, but I kept him from running into the street.”

Tagged with:
Aug 03

“Candy tastes sweet.” 「お菓子は甘い味がする」

“It’s so sweet of you to take the kids to the park!” 「子供たちを公園に連れていくなんて親切だね!」

“What a sweet little puppy!” 「まあ、可愛らしい子犬ちゃん!」

砂糖の味のsweetはご存知でも、人をsweetと言ったらどういう意味でしょう?日本語だとナイーブに近い意味ですが英語では「優しい」「魅力な」「かわいい」という意味になります。だれかがしてくれたことに感動したらその人をsweetということがあります。すごくかわいい動物の赤ちゃんもsweetです。

You probably know “sweet” as the taste of sugar, but what about “sweet” describing a person? In Japanese it means something like “naïve”, but in English it means “kind”, “charming” or “cute”. Someone who does a favor that touches your heart is sweet. An adorable baby animal is sweet.

Tagged with:
Jul 06

“This game is too hard. It’s so frustrating!” 「このゲーム難しすぎる!くやしい!」

“If you feel frustrated, you should take a break and come back later.” 「イライラしているなら休憩して後で再チャレンジしたほうがいい。」

Frustrationは難しいこと、できないことがあるときの負の感情です。難しいことをfrustratingと言います。「あの宿題は難しすぎる!」Frustratedはくやしい気持ちになっている人です。「あなたが約束を守らないと私がくやしいです。」 Frustration is a negative feeling caused by something difficult, or being unable to do something. “Frustrating” describes the difficult thing: That homework assignment was so frustrating! “Frustrated” describes the person having difficulty: “It really frustrates me when you don’t do what you promised.

Tagged with:
Jun 08

“My mother taught me to play the piano.” 「母にピアノを教わった」

“Can you teach me how to say hello in Hawaiian?” 「ハワイ語での挨拶を教えてくれる?」

Teachとは新しいスキルを教えることです。時間がかかることでも、知らなかった単語ひとつなどちいさなことにも使えます。ただし、情報を伝えるだけなら代わりにtellを使います:「ここにくるとフレッドが教えてくれた。」

“Teaching” is giving someone a new skill. It can be something big that takes a long time to learn, or something small like just one new word. But if it’s only a piece of information, we use “tell” instead: “Fred told me you would be here.”

Tagged with:
Mar 23

“The cat was basking in the sunlight.” 「猫が日向ぼっこしていました。」

“He basked in their praise.” 「彼がその称賛に浸っていた。」

Baskとは「横になって太陽の光や暖炉などを楽しむ」という意味でよく使います。時には人が楽しむもの「吸収する」の比喩として使うこともあります。

We usually use “bask” to mean “lie there and enjoy” something like sunlight or the warmth of a fire. We sometimes use it as a metaphor for other things people enjoy “absorbing”, like recognition.

Tagged with:
Feb 18

“Please teach me to play the piano.” 「ピアノを教えてください。」

“My father taught me to be kind to animals.” 「父から動物に優しくすることを学んだ。」

誰かが何かをteachしてくれるとは、単に情報を得るだけではなくスキルや理解を得る事を意味します。「お父さんが犬が庭にいると教えてくれた」にみられるような単なる情報を伝えてくれるtellと区別しましょう。

When someone teaches you something, you don’t just gain information. You gain a skill or understanding. Contrast this with “tell”, which is used when someone gives you simple information, e.g. “My father told me the dog was in the yard.”

Tagged with:
Jan 20

“Taste this!” 「味見してみて!」

“How does it taste?” 「味はどうですか?」

“Have a taste!” 「ちょっと食べてみて!」

Tasteはいろいろな使い方があります。人に味見を進めるときに動詞(Taste this)か名詞(Have a taste)として使えます。私が味見すると、「私」が主語で食べ物が目的語ですが、食べ物がおいしい味がするというと食べ物が主語になります。

“Taste” has a lot of different usages. You can use it as a verb (“Taste this”) or a noun (“Have a taste”) when offering someone a little bit of food to try. If I taste something, I am the subject and the food is the object, but if the food tastes good, the food is now the subject.

Tagged with:
Dec 02

“See the big tower? Go toward the tower, and then take the next right.” 「大きな塔が見えるでしょう?塔に向かって行って、次の右に曲がってください。」

Towardは「何かへの方向に」という意味です。目印を使って道案内するときに便利な言葉です。「To the tower」と言ったら、塔まで行ってすぐとなりに立たないといけませんが、「toward the tower」と言えば、塔の方向に歩き出してそれからは曲がるなど次の指示に従っていただけます。

“Toward” means “in the direction of”. It’s a useful word for giving directions using landmarks. If you tell someone to go “to the tower”, they must go all the way to the tower and stand next to it; but if you say “toward the tower”, you can communicate a direction. They don’t have to go all the way to the tower, but can start going in that direction and then turn.

Tagged with:
Oct 28

“You had better study for the test next week. Otherwise you might fail.” 「来週のテストに備えて勉強したほうがいいよ。さもないと不合格になるかもしれない。」

“I’ll get a pumpkin spice latte if they have any. Otherwise I’ll just have hot chocolate.” 「あったらパンプキンスパイスラテを飲む。なかったらホットココアにする。」

Otherwiseは「そうでなければ」という意味の単語です。つまり「今言った状況と違う状況の場合」。単語の中にother(異)とwiseが見えます。Wiseとはもう使われていない「様」や「風」の意味の単語です。

“Otherwise” is another word for “if not”, or “if the way things are is another way than what I just said”. You can see “other” and “wise” in the word—“wise” is an old word for “manner” or “way” that we no longer use.

Tagged with:
Sep 09

uehonmachi_sept9“Are we on time?” “Just barely!” 「間に合った?」「かろうじて!」

“I studied the wrong pages, but I still just barely passed the quiz!” 「勉強する範囲まちがえちゃったけどぎりぎりで小テスト合格した!」

 

Barely(副詞)なことは、かろうじて起こらなかったことです。かろうじて間に合うということは、あとちょっとで遅刻するところだった。ぎりぎりで合格したら、あやうく不合格になるところでした。

 

Something that “barely” happens, almost doesn’t happen. If you are just barely on time, you were almost late. If you barely pass a test, you almost failed.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: