Nov 16

“Almost all the students passed the test.” 「生徒のほとんどがテストで合格した。」

“Almost all the leaves were bright red!” 「ほとんどの葉っぱが真っ赤だった!」

“My brother ate almost all the pizza.” 「お兄さんがほとんどすべてのピザを食べてしまった。」

グループやものの「ほとんど」について何かを言うときは、almostの後にallを入れるようにしましょう。Almostは副詞なので、普通は名詞ではなくallみたいな形容詞、または動詞(I almost caught the ball, but I missed it=もうちょっとでボールを受け取るところだったけどミスった)につけます。

When you are saying something about most of a group, or most of an object, don’t forget to include the word “all” after “almost”. “Almost” is an adverb, so it should describe an adjective (“all”) or verb (“I almost caught the ball, but I missed it.”)

Tagged with:
Oct 19

“Most days I read the newspaper before breakfast.” 「ほとんどの日は朝ごはんを食べる前に新聞を読みます。」

“Most of my classmates like video games.” 「クラスメートのほとんどはテレビゲームが好きなんです。」

Most of the studentsが宿題をしたと言ったら、全員ではないがたくさんの生徒が宿題をしたという意味になります。半分以上なのが確かです。もしかして宿題をしていない生徒は一人や二人だけかもしれません。

If I say most of the students did their homework, I mean that many students did, but not all. More than half of the students did their homework. Perhaps only one or two students didn’t do the homework.

Tagged with:
Sep 14

“Keep going! You’re almost at the finish line!” 「走り続けろ!もうすこしでゴールだ!」

“Keep the dog from going in the kitchen, please. I’m washing the floor.” 「犬を台所に入れないでね。床の掃除中なの。」

Keepは色々な使い方があります。続けていることや何回も起こることを表します:「練習を続ければすぐに上手になるよ」「いつも車のカギをなくしている」。でも、誰かが何かするのを止めるという意味もあります:「赤ちゃんが携帯を噛まないように」「犬はリードを引っ張ったけど道路に飛び出すのを止めた」。

“Keep” can be used in different ways. One way is to show that an action continues or happens over and over. “Keep practicing and you’ll be able to do it in no time.” “I keep losing my car keys.” But it can also mean stopping someone from doing something. “Keep the baby from chewing on my phone.” “The dog pulled on the leash, but I kept him from running into the street.”

Tagged with:
Aug 03

“Candy tastes sweet.” 「お菓子は甘い味がする」

“It’s so sweet of you to take the kids to the park!” 「子供たちを公園に連れていくなんて親切だね!」

“What a sweet little puppy!” 「まあ、可愛らしい子犬ちゃん!」

砂糖の味のsweetはご存知でも、人をsweetと言ったらどういう意味でしょう?日本語だとナイーブに近い意味ですが英語では「優しい」「魅力な」「かわいい」という意味になります。だれかがしてくれたことに感動したらその人をsweetということがあります。すごくかわいい動物の赤ちゃんもsweetです。

You probably know “sweet” as the taste of sugar, but what about “sweet” describing a person? In Japanese it means something like “naïve”, but in English it means “kind”, “charming” or “cute”. Someone who does a favor that touches your heart is sweet. An adorable baby animal is sweet.

Tagged with:
Jul 06

“This game is too hard. It’s so frustrating!” 「このゲーム難しすぎる!くやしい!」

“If you feel frustrated, you should take a break and come back later.” 「イライラしているなら休憩して後で再チャレンジしたほうがいい。」

Frustrationは難しいこと、できないことがあるときの負の感情です。難しいことをfrustratingと言います。「あの宿題は難しすぎる!」Frustratedはくやしい気持ちになっている人です。「あなたが約束を守らないと私がくやしいです。」 Frustration is a negative feeling caused by something difficult, or being unable to do something. “Frustrating” describes the difficult thing: That homework assignment was so frustrating! “Frustrated” describes the person having difficulty: “It really frustrates me when you don’t do what you promised.

Tagged with:
Jun 08

“My mother taught me to play the piano.” 「母にピアノを教わった」

“Can you teach me how to say hello in Hawaiian?” 「ハワイ語での挨拶を教えてくれる?」

Teachとは新しいスキルを教えることです。時間がかかることでも、知らなかった単語ひとつなどちいさなことにも使えます。ただし、情報を伝えるだけなら代わりにtellを使います:「ここにくるとフレッドが教えてくれた。」

“Teaching” is giving someone a new skill. It can be something big that takes a long time to learn, or something small like just one new word. But if it’s only a piece of information, we use “tell” instead: “Fred told me you would be here.”

Tagged with:
May 11

“Not a single person could answer my question.” 「質問に答えられる人は一人もいなかった。」

“There was a single chair at the table.” 「テーブルの前に一つだけ椅子が置かれていた。」

Singleは「一つ」という意味で、一つだけだと強調するのによく使います。たくさんの人が座ると期待していたのに椅子が一つだけだとびっくりするでしょう。Notが加わると、ゼロだということを強調します。テストで一人も合格する生徒がいなかったら先生が「Not a single student passed!」というでしょう。

“Single” means “one” and is often used to emphasize that there is only one. If there’s only one chair at a table where you expected many people to sit, you might be surprised. With “not”, it emphasizes that there were zero. If no students passed the test, the teacher will probably say, “Not a single student passed!”

Tagged with:
Mar 23

“The cat was basking in the sunlight.” 「猫が日向ぼっこしていました。」

“He basked in their praise.” 「彼がその称賛に浸っていた。」

Baskとは「横になって太陽の光や暖炉などを楽しむ」という意味でよく使います。時には人が楽しむもの「吸収する」の比喩として使うこともあります。

We usually use “bask” to mean “lie there and enjoy” something like sunlight or the warmth of a fire. We sometimes use it as a metaphor for other things people enjoy “absorbing”, like recognition.

Tagged with:
Feb 18

“Please teach me to play the piano.” 「ピアノを教えてください。」

“My father taught me to be kind to animals.” 「父から動物に優しくすることを学んだ。」

誰かが何かをteachしてくれるとは、単に情報を得るだけではなくスキルや理解を得る事を意味します。「お父さんが犬が庭にいると教えてくれた」にみられるような単なる情報を伝えてくれるtellと区別しましょう。

When someone teaches you something, you don’t just gain information. You gain a skill or understanding. Contrast this with “tell”, which is used when someone gives you simple information, e.g. “My father told me the dog was in the yard.”

Tagged with:
Jan 20

“Taste this!” 「味見してみて!」

“How does it taste?” 「味はどうですか?」

“Have a taste!” 「ちょっと食べてみて!」

Tasteはいろいろな使い方があります。人に味見を進めるときに動詞(Taste this)か名詞(Have a taste)として使えます。私が味見すると、「私」が主語で食べ物が目的語ですが、食べ物がおいしい味がするというと食べ物が主語になります。

“Taste” has a lot of different usages. You can use it as a verb (“Taste this”) or a noun (“Have a taste”) when offering someone a little bit of food to try. If I taste something, I am the subject and the food is the object, but if the food tastes good, the food is now the subject.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: