Feb 26

uehonmachi_feb26_wikimediaJorunna parvaはウサギではありません。ウミウシです。2015年ツイッターのユーザーがこのウミウシが白または黄色のはん点のついた毛に黒い耳を持ったウサギに似ていることに気づきました。実際毛はありませんし、「耳」は水に溶けている物質の認知ができても音は認知できません。

The Jorunna parva is not a rabbit. It is a sea slug. In 2015, people on Twitter noticed that this sea slug looks like a rabbit with speckled white or yellow fur and black ears. They don’t actually have fur, though, and while the “ears” can detect substances in the water, they cannot detect sound.

Tagged with:
Feb 23

hv72insideplaylClassroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 9, introduces common vocabulary associated with children’s pretend play. This relates to Unit 2 Playtime’s dress up theme and also reviews places where we keep our toys. Children often need lots of encouragement to clean up or else they won’t be able to find what they want the next time they play. So, tying in the idea of a messy room can bring this unit to life. Children can pretend to be a teacher looking for stickers, or a ballerina and pirate looking for their things. Using props like a colored pencil case as a closet, a table as a shelf (if you don’t have a real shelf), and either a real carpet or a small rug, children’s imaginations can come to life. This unit also reviews the prepositions from U6, in, on, under, by, so be sure to sing that as well (HV3 Track 7, p71). After Storytime, do the Indoor Play Chant and then do it again with gestures. Play a game to practice the vocabulary. Then, using real or pretend objects to represent the closet, shelf and rug, have students play and then put their belongings away. Choose a different student each time and role play that they can’t find what they need. The other students can help by saying just in, on, under, or by with a gesture for the object and over a few classes help them say the full target language phrase.

 

教室でのヒント

ハッピーバレー3ユニット9のこのチャントは、子供のごっこ遊びでよく使うボキャブラリーを紹介します。ユニット2のドレスアップともつながっていて、おもちゃをしまっておく場所の復習にもなります。子供達に後片付けをするよう繰り返し促さないと、次に遊ぶときに欲しいものがみつかりません。散らかった部屋という設定がこのユニットを面白くしています。ステッカーを探す先生、物を探すバレリーナや海賊になって遊びましょう。筆箱をクローゼットにしたり、(棚がなければ)テーブルを棚にしたり、カーペットや小さなラグを使ったりして想像力をかきたてましょう。ユニット6の前置詞in, on, under, byも使いますのでその曲も歌ってくださいね(HV3 Track 7, p71)。ストーリータイムの後はもう一度ジェスチャーを加えてしましょう。ゲームでボキャブラリーを練習します。そして、クローゼット、棚、カーペット(またはそれに例えたもの)をつかって遊び、生徒におもちゃをしまってもらい、他の生徒がin, on, under, byのジェスチャーで助けてあげましょう。授業で繰り返し行ってターゲットが言えるように教えてあげましょう。

 

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 9, introduces common vocabulary associated with children’s pretend play. This relates to Unit 2 Playtime’s dress up theme and also reviews places where we keep our toys. Parents know that children often need lots of encouragement to clean up or else they won’t be able to find what they want the next time they play. So, tying in the idea of a messy room can bring this unit’s vocabulary to life. Children can pretend to be a teacher looking for stickers, or a ballerina and pirate looking for their things. Using their real toys, do some pretend play, and use in, on, under, by to talk about where things are located as you get ready. Enjoy some pretend and then, again, using the propositions talk about where things go as your child cleans up their toys.

 

お家でのヒント

ハッピーバレー3ユニット9のこのチャントは、子供のごっこ遊びでよく使うボキャブラリーを紹介します。ユニット2のドレスアップともつながっていて、おもちゃをしまっておく場所の復習にもなります。子供達に後片付けをするよう繰り返し促さないと、次に遊ぶときに欲しいものがみつかりません。散らかった部屋という設定がこのユニットを面白くしています。ステッカーを探す先生、物を探すバレリーナや海賊になって遊びましょう。実際のおもちゃを使ってごっこ遊びをします。準備するときにin, on, under, byを使ってどこに物があるのかを言いましょう。片付けるときも同じ前置詞を使ってしまう場所を言いましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

 

Tagged with:
Feb 20

Sprimg_Campaign_20183月1日~4月28日の間にご入会いただくと、入会金が無料になるキャンペーンです!

通常、大人10,800円、キッズ・中学生8,640円の入会金がなんと無料に!

新年度、新学期が始まります。4月から英会話を始めましょう。小学校では2020年から英語教育が本格的にスタートします!今からしっかり準備しておきましょう。

無料体験レッスンのお申し込み・お問合せはお電話0120-545-109またはお問合せフォームよりご連絡ください。

Tagged with:
Feb 19

uehonmachi_feb19“I doubt I’ll have time to go to the movies this weekend.” 「今週末映画を見に行く暇はなさそうです。」
“She said she would clean her room today, but I have my doubts.” 「部屋を片付けると言ったが、疑わしいと思います。」

Doubtは本当ではない、そうではない可能性が高いと思うときに使える役に立つ言葉です。動詞として使えます:I doubt it. 名詞としても使えます:I have a lot of doubts about that.

“Doubt” is a useful word when we think something might not be true. You can use it as a verb: “I doubt it.” You can use it as a noun: “I have a lot of doubts about that.”

Tagged with:
Feb 09

hv71dinnerハッピーバレー3、ユニット8のこのチャントはよく夜ごはんに食べる物を紹介します。

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 8, introduces foods we often eat for dinner.

 

教室でのヒント

ストーリータイムの後、Dinner Chantをして、もう一度ジェスチャーを加えてチャントします。TouchやSlow Revealなどのゲームでボキャブラリーの練習をします。このユニットの目標は「I’d like…」で「What would you like for dinner?」の質問にこたえることです。「What Would You Like For Dinner?」の歌でフレーズを練習しましょう。最後におもちゃの食べ物やフラッシュカードでストーリータイムのロールプレイをします。一人の生徒がおばあちゃん役をして、皆に食べたいものを質問し渡します。

 

Classroom Tip

After Storytime, do the Dinner Chant and then do it again with gestures. Play a game to practice the vocabulary, like Touch or Slow Reveal. This unit aims for students to use the chunk I’d like… answering What would you like for dinner? Sing the song “What Would You Like For Dinner?” to practice those phrases. Finally, using plastic foods or flashcards, have students role play the storytime. One student can be Grandma, using the language to ask what everyone wants and then pretending to serve them.

 

お家でのヒント

ストーリータイムの後、Dinner Chantをして、もう一度ジェスチャーを加えてチャントします。円形の白い紙をお皿にして、雑誌やネットで見つけた、もしくは自分で描いた子供の好きな食べ物の絵で夜ごはんを作りましょう。「What would you like?」や「What do you want?」と質問します。答えは「Spaghetti, please」だけでもいいですし、より正確に「I’d like spaghetti, please」と教えるのも良いでしょう。

 

At Home Tip

Do the Dinner Chant and then do it again with gestures. Using a round piece of white paper as a plate, draw or find pictures of the food your child likes (printed from the internet or clipped from magazines) to make a dinner plate. You can ask What would you like? or What do you want? They can answer Spaghetti, please, or you can teach them the full phrase, I’d like spaghetti, please.

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

 

Tagged with:
Feb 05

uehonmachi_feb5“You just stay put while I go get our drinks.” 「飲み物とってくるからここで待ってて」
“You kids stay put while I set up the game.” 「私がゲームの準備する間じっとしててね」
“I told him to stay put, but he wandered off.” 「そこにいろと言ったのにどこかに行ってしまった」

「Stay put」とはその場から離れない、どこにも行かないことです。つまり「置かれた」場所に「残ります」。

To “stay put” is to stay where you are, and not go anywhere. You’ve been “put” in this place and you will stay there.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: