Oct 31

uehonmachi_oct31“Thanks for checking my spelling.”
“It’s no trouble. I’m glad to help.”

“If you want to go out tonight, I’d be glad to watch the kids.”

You can use “glad to” to say “you’re welcome” in phrases like “Glad to help” or “I was glad to do it.” You can also use it to offer help with something: “I’d be glad to wash those dishes for you.”

「綴りをチェックしてくれてありがとう」
「いいよ。役に立ててうれしい。」

「今夜出かけるなら子守をするよ。」

「Glad to」を日本語の「どういたしまして」のフレーズで使うことができます。例えば、「Glad to help」や「I was glad to do it」です。「何かを手伝ってあげようか?」という時にも使えます「良かったらその皿を洗おうか?

Tagged with:
Oct 28

hv43phonicssoundsClassroom Tip

This song, from Happy Valley Phonics Book 1, isolates the letter sounds to a slow tempo, repeating three times so students can hear it twice and then try it on their own. For this one, you can have students watch the video and then, open their books and point to the letters as they chant. This will give it a physical element. Encourage students to tap the letters on the beat. It is a good song to use after the Phonanimals Song but encourages more letter recognition. You could also do this first and then do the Phonanimals song, but with just the letter Flashcards (FC) displayed, if you feel students are ready to move away from always seeing the Phonanimals. As students become more and more comfortable with this song, let a volunteer be teacher, pointing to the FC lined up on the board.

 

教室でのヒント

ハッピーバレー フォニックスブック1のこの歌では、ゆっくりしたテンポでアルファベットの各文字の「音」を聴きます。3回繰り返されますので、2回聴いてから自分で歌ってみましょう。動画を見た後は、本を開けてチャントしながら文字を指さしましょう。この歌は体を動かして使うこともできますよ。ビートに合わせて文字を指でタップします。Phonanimals Songの後に使うと良いでしょう。この歌は文字を区別する練習をより多く含んでいます。フォナニマルズにあまり頼らなくてもいいと感じるなら、この歌を先に聴いてから文字のフラッシュカードを使ってPhonanimals songを聴きます。生徒がこの歌に慣れてきたら、生徒を先生役にしてフラッシュカードを指さしてもらいましょう。

 

At Home Tip

This song, from Happy Valley Phonics Book 1, isolates the letter sounds to a slow tempo, repeating three times so children can hear it twice and then try it on their own. Do this with your child after the Phonanimals Song. Find an a-z lowercase letter chart and tap the letters as they are heard.

 

お家でのヒント

ハッピーバレー フォニックスブック1のこの歌では、ゆっくりしたテンポでアルファベットの各文字の「音」を聴きます。3回繰り返されますので、2回聴いてから自分で歌ってみましょう。。Phonanimals Songの後に使うと良いでしょう。小文字で書かれたアルファベットのチャートなどを用意し、聴こえる文字を指でタップしましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
Oct 24

uehonmachi_oct24“Come in, sit down, take a load off.”

“Take a load off” is an invitation to sit down. This removes the weight of your body from your feet and legs, allowing them to rest and relax. When you sit, you “take a load off” of your feet.

 

「さあ、入って、座って」

「Take a load off」は座る誘いです。足から体重をはずすことで、足を休ませることができます。つまり、座ると、足から「荷ををろす」のです。

Tagged with:
Oct 17

uehonmachi_oct17Urban legends are scary or amazing stories that sound like they could have really happened. The storyteller often says it happened to someone they know. One scary legend tells of a guard dog choking on something, which turned out to be a man’s finger. A funny legend tells of a child stealing a penguin from a zoo.

Urban legend(都市伝説)とは本当にありそうな怖い話、又はすごい話です。話し手はよく、自分の知り合いに起こったことだと言い語り始めます。怖い例として、番犬ののどに詰まっていたのが人間の指だったという話があります。もっと気楽な話では、子供が動物園からペンギンを盗んでしまうという話があります。

Tagged with:
Oct 14

hv42restaurantchantClassroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 4, introduces more foods (in Happy Valley 1 we learned some fruit and snack food vocabulary). Do the chant and then repeat it doing the gestures. After, make a menu like in the Storytime page! On the paper draw rectangles as big as the student cards. Then hand out the student cards. Ask for different vocabulary and have students place them on the paper (wherever is fine, it doesn’t have to be just like on the page). When students are ready, they can then pretend to be the customer ordering from the menu. Use the dialogue I’m hungry/thirsty. What do you want? I want …, please. Give them what they asked for, saying Here you are. Thank you. As students become confident, try stepping back and letting students do it together.

 

教室でのヒント

スチューデントブック2、ユニット4のこのチャントは新しい食べ物の単語を紹介します(ハッピーバレー1でもフルーツとおやつの単語を学びました)。チャントをやってからもう一度ジェスチャーをまじえてチャントします。その後はストーリータイムのページと同じようにメニューを作ります!紙にスチューデントカードと同じ大きさ四角を描きます。そしてスチューデントカードを配ります。生徒にボキャブラリーをたずねて、答えたら紙にそのカードをおきます(どんな風に置いても大丈夫。スチューデントブックと全く同じ様にする必要はありません)。準備ができたら、メニューから注文するふりをします。「I’m hungry/thirsty」「What do you want?」「I want…, please」のダイアログを使います。注文されたものを「Here you are」「Thank you」と言って渡します。自信がついてきたら、生徒同士でやりましょう。

 

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 4, introduces more foods (in Happy Valley 1 they learned some fruit and snack food vocabulary). Do the chant and then repeat it doing the gestures. After, make a menu with these foods. Use pictures cut from magazines or draw them. Then, use the menu to order food. Use the dialogue I’m hungry/thirsty. What do you want? I want …, please. During meals, ask your child what they want in English and encourage them to answer in English.

 

お家でのヒント

スチューデントブック2、ユニット4のこのチャントは新しい食べ物の単語を紹介します(ハッピーバレー1でもフルーツとおやつの単語を学びました)。チャントをやってからもう一度ジェスチャーをまじえてチャントします。その後はストーリータイムのページと同じようにメニューを作ります!雑誌から写真を切り取ったり自分で絵を描いたりしましょう。そしてメニューを使って食べ物を注文します。「I’m hungry/thirsty」「What do you want?」「I want…, please」のダイアログを使います。食事のときに英語で何が欲しいかを質問し、英語で答えるよう促しましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
Oct 03

uehonmachi_oct3“I need a pencil and some paper.”

“Need” is usually a verb in English. It’s stronger than “want”. If you don’t get what you need, the consequences will be bad. At best, you won’t be able to do something: if you don’t have a pen or pencil, you won’t be able to write something down.

「鉛筆と紙が必要だ!」

英語で「need」は普段動詞です。「Want」より強い意味です。「必要」なものがないと、悪い結果があります。少なくとも、やろうとしていることができません。例えば、鉛筆やペンがないと、何かを書きとめることはできません。

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: