Sep 09

uehonmachi_sept9“Are we on time?” “Just barely!” 「間に合った?」「かろうじて!」

“I studied the wrong pages, but I still just barely passed the quiz!” 「勉強する範囲まちがえちゃったけどぎりぎりで小テスト合格した!」

 

Barely(副詞)なことは、かろうじて起こらなかったことです。かろうじて間に合うということは、あとちょっとで遅刻するところだった。ぎりぎりで合格したら、あやうく不合格になるところでした。

 

Something that “barely” happens, almost doesn’t happen. If you are just barely on time, you were almost late. If you barely pass a test, you almost failed.

Tagged with:
Jul 29

uehonmachi_july29“We just barely caught the train!” 「ぎりぎりで電車に乗れた!」

“This sugar-free cookie is barely sweet at all.” 「この無糖のクッキーはあまり甘くないね。」

 

Barelyとは「ないに近い」という意味です。閉まろうとする扉をぎりぎりでクリアしたらbarely caught the trainと言えます。(駆け込み乗車はやめましょう!)クッキーに甘さがほとんどないならbarely sweetと言えます。まったく甘くないというわけではないが、ほんの少しです。

 

“Barely” means “almost not”. If you arrived just as the train doors were closing and ducked inside, you barely caught the train. (Please don’t rush into the closing doors!) If the cookie is barely sweet at all, it’s only a very tiny bit sweet: more than zero sweetness, but very little.

Tagged with:
Jun 24

uehonmachi_june24“My poor cat was lost for two weeks.” 「うちの猫がかわいそうに2週間も迷子になっていた。」

“The poor thing!” 「あら可哀そう!」

 

Poorは普段お金があまりない人のことを言います。「悪い結果」などで「悪い」の同意語となります。でもここは、不幸にあったり痛い経験をした人(や動物)に同情を表しています。

 

“Poor” usually describes someone who doesn’t have much money. Sometimes it’s a synonym for “bad” (as in “a poor performance”). But here, it shows sympathy for a person (or animal) who has suffered misfortune or gone through a painful experience.

Tagged with:
May 27

uehonmachi_may27“Can I hold the baby?” 「赤ちゃんを抱いていい?」

“Hold my bag while I find my keys.” 「鍵を探すからバッグ持っててくれる?」

 

Holdはいろいろな意味合いのある単語です。この例文では、腕や手を使って何かを持つことです。赤ちゃん、バッグは落としたらいけません。

 

“Hold” is one of those words with many meanings. Here, it means to carry something using your arms or hands. Don’t drop the baby or the bag!

 

“Please hold the door open.” 「扉を開けたままにして」

“Hold onto the dog’s leash!” 「犬のリードを放すなよ」

 

この例文では、手でつかんでいることは一緒ですが、拾い上げているわけではありません。扉、犬を放してはいけません。

 

In these examples, we are still grasping something with our hands, but not actually picking it up. Don’t let go of the door or the leash!

Tagged with:
Apr 22

uehonmachi_april22“I’ll stay and keep you company.” 「一緒にいてあげるよ」
“Put on a shirt. We’re having company!” 「チャントシャツを着なさい!お客さんが来るよ!」

Companyとは友達や客が一緒にいることです。普通は、好きな人と一緒にいるので楽しいことです。数えない名詞なので人数が大きいとa lot of companyと言えます。

“Company” is the presence of other people, such as friends or guests. It’s usually fun or pleasant to be with people you like. It’s an uncountable noun; we can have “a lot of company”.

“I work for a publishing company.” 「出版社に勤めています。」

Companyには「会社」という意味もあります。この場合は可算名詞です。

A “company” is a business. In that case, it’s a countable noun.

Tagged with:
Mar 19

uehonmachi_mar18“He has to take medicine for his heart.” 「彼は心臓の薬を飲まないといけない。」

Heartとは心臓、胸の中で血液を体中に送る臓器です。

The heart is an organ in your chest that pumps blood.

“You can’t take that toy away. It’s his favorite! Have a heart!” 「そのおもちゃをとりあげるなんてダメだよ!彼のお気に入りなのに!ひどいことしないで!」

「Have a heart」(ハートを持って)とはひどいことをしないように言うフレーズです。

When we tell someone to “have a heart” we are asking them not to be mean or cruel.

“I like this story. It has heart.” 「この話は好きだ。ハートがある。」

けなげに人助けをする主人公の話などに感動したら、そのストーリーもしくは主人公にハートがあるといいます。(この場合aはつきません。)

When something touches us, such as a story about a courageous character helping others, we say it “has heart” (no “a”).

Tagged with:
Feb 18

uehonmachi_feb18“This book is really good!” 「この本はとても(=本当に)面白い!」
“Do you really believe in aliens?” 「本当に宇宙人を信じてるのか?」

Reallyはveryのもっとカジュアルな同意語です。「レシピ通りに作ったのにこのスープはとても塩辛くなってしまった!」

“Really” can be an informal synonym for “very”: “I thought I followed the recipe, but this soup turned out really salty!”

“Really”には「実に」という意味もあってtrulyよりはよく使います。「お母さんが本当に犬を飼うの許してくれた?」

It also means “truly” but is more commonly used: “Did Mom really say we could get a dog?”

Tagged with:
Jan 07

uehonmachi_jan7“What’s your New Year’s resolution? Mine is to get eat healthy.” 「あなたの新年の抱負は何?私は健康的な食生活。」

正月には多くの人が来る年をよりよいものにする為抱負を立てます。よく耳にする目標には達成するのが難しすぎるものがあるかもしれません。2月・3月にはもう諦めている人が決して少なくありません。あなたは2019年に2018年と何か違うことをしますか?

At New Year’s, many people make a resolution to live better during the coming year. Some popular goals may be too difficult, as many people give up in February or March. Will you do anything differently in 2019 than 2018?

Tagged with:
Nov 26

uehonmachi_nov26“The band gave a successful concert.” 「バンドのコンサートが成功しました。」

“The negotiations were successful.” 「交渉が成功しました。」

“Did you get an appointment?” “Yes, I was successful!” 「予約とれた?」「ええ、取るのに成功した!」

 

“The play was a big success!”(劇が成功した!)名詞のsuccess(成功)や“He succeeded in scoring the goal!”(スコアするのに成功した!)動詞のsucceed(成功する)を使うほうが自然な場合もありますが、形容詞の形successfulが一番自然で役に立つ場合があります。

 

Sometimes it’s more natural to use the noun “success” (“The play was a big success!”) or the verb “succeed” (“He succeeded in scoring the goal!”), but the adjective form “successful” is also useful and natural in many situations.

Tagged with:
Oct 29

uehonmachi_oct29“Come to our Halloween party! We’ll have candy, games and lots of spooky decorations!” 「ハロウィーンパーティーに来てね!お菓子、ゲーム、たくさんのこわ~い飾りがありますよ!」

 

Spookyはscaryと同じ意味です。ハロウィーンの時期には、怖くて楽しいものによく使います。Scaryの動詞の形がscareであると同じようにspookyの動詞の形はspookです。馬などについてよく使います。蛇やただの葉っぱが馬をびっくりさせて馬がパニックで逃げたらThe horse was spookedと言います。

 

“Spooky” is another word for “scary”. Around Halloween, it’s often used for things that are scary in a fun way. The verb form of “scary” is “scare”, and the verb that goes with “spooky” is “spook”. It’s often used with horses: If a snake, or just a leaf, startles a horse, the horse may be spooked and run away.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: