1月 11

hv92cgoClassroom Tip

This is the second video in the Happy Valley Phonics Book 2 series. This chant from Unit 2 places minimal pair c and g, plus the vowel o into a chant for sound and first letter identification practice, building on the Phonanimals Song and Phonics Book 1. First, do picture talk to see what students notice and can find in the picture. Then, have students listen to Track 9 and point to the words in the song. Next, watch this video and encourage students to say the sounds and words. Give students flashcards and when they hear the word or sound they can bring them to the front and put them in order on the board. Move on to the Let’s Chant sticker activity on page 7. Then, students can ask questions before moving on. Using What is it? they can ask about other objects in the picture, and then tell you whether or not the word has the c, g, o sounds in it. Break the sounds down for them. Students ask What is it? pointing to cake. Teacher responds c-ake. Can they hear the c? If they can’t, it’s OK; have them say the c sound and keep trying.

 

教室でのヒント

フォニックスブック2の2つ目の動画です。ユニット2のこのチャントは、フォナニマルの歌と、フォニックスブック1に基づいた音と頭文字の区別を練習します。少しだけ違うミニマルペアの音「c」と「g」、母音の「o」をチャントで紹介します。まずは、絵の中で何をみつけられるかピクチャートークしてみましょう。次にトラック3を聴いて、歌に登場する物を指さしましょう。そのあとはこの動画を観て、生徒が音と言葉を言うように促します。フラッシュカードを配って、その音や単語が聞こえたら前にもってきて順番においてもらいます。ページ7のLet’s Chantステッカーアクティビティーをします。それからは質問タイムをとります。What is it?と言って生徒がお互いに絵にあるものについて質問します。c, g, oの音が入っているかどうかを判断させます。音を分けて言ってあげましょう。例えば、ケーキを指さして生徒がWhat is it?と質問します。先生は「c-ake」と答えます。cの音は聞き取れましたか?できなくても心配いりません。cの音を言わせ、また挑戦しましょう。

At Home

This is the second video in the Happy Valley Phonics Book 2 series. This chant from Unit 2 places minimal pair c and g, plus the vowel o into a chant for sound and first letter identification practice, building on the Phonanimals Song and Phonics Book 1. First, watch the Phonanimals Song video and do gestures. Then, watch this video and use gestures for the sounds and words. Use the free to download writing sheets on happyvalley.tv to start your child writing if they are ready for a quieter activity. Otherwise, pause the video with the three letters and objects showing and say c, g, or o. See if your child can draw the picture of the word with that sound. Then, have them say the word or sound and you touch the picture they drew that matches the sound or word they said.

 

お家でのヒント

フォニックスブック2の2つ目の動画です。ユニット2のこのチャントは、フォナニマルの歌と、フォニックスブック1に基づいた音と頭文字の区別を練習します。少しだけ違うミニマルペアの音「c」と「g」、母音の「o」をチャントで紹介します。まずはフォナニマルの歌を観てジェスチャーをしましょう。次はこの動画を観て、音と単語にジェスチャーを合わせましょう。 Happyvalley.tvにある無料ダウンロードのライティングシーツを静かなアクティビティーに使いましょう。静かすぎるなら、動画を文字と三つのアイテムで一旦停止してc, g, oのどれかを言いましょう。その音で始まるアイテムが描けるかな?次は、子供が音または単語を言って、保護者がその音・単語に合う子供が描いた絵を指さします。

 

English School owners! Register now for the School Owners SIG Mini-Conference in Osaka on January 20! Watch presentations and participate in discussions tailored to owners of English schools in Japan on topics such as hiring, marketing, advertising, taxes, and more.

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
1月 07

“What’s your New Year’s resolution? Mine is to get eat healthy.” 「あなたの新年の抱負は何?私は健康的な食生活。」

正月には多くの人が来る年をよりよいものにする為抱負を立てます。よく耳にする目標には達成するのが難しすぎるものがあるかもしれません。2月・3月にはもう諦めている人が決して少なくありません。あなたは2019年に2018年と何か違うことをしますか?

At New Year’s, many people make a resolution to live better during the coming year. Some popular goals may be too difficult, as many people give up in February or March. Will you do anything differently in 2019 than 2018?

Tagged with:
12月 21

inosisi-kamakura12月23日(日)~1月6日(日)の間は、レッスン並びに受付業務はお休みとなっております。

レッスンのご予約・ご変更は7日(月)以降にご連絡ください。

無料体験レッスンのご予約や新規お問合せはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

Tagged with:
12月 17

uehonmachi_dec17“I don’t know why we came here in the first place. This store doesn’t sell what I want.”

「最初からここに来るのが間違いだった。この店は私が欲しいものを売っていない。」

“I shouldn’t have joined the drama club in the first place. I’m too shy to be an actor.” 「最初からドラマ部に入らなければよかった。恥ずかしがりやで俳優なんて向いてない。」

 

First placeと言えば金メダルをもらうのでは?ここは全然違う意味で使われています。何かを始める時点です。「場所」といっても時間軸上の場所です。最初からやらないほうがよかったという場合によく使うフレーズです。

 

Isn’t “first place” where you win a gold medal? Here, it has a very different meaning: the beginning of an undertaking. It’s a “place” on a timeline. We often use “in the first place” to say something was a bad idea from the beginning.

Tagged with:
12月 14

hv1u4教室でのヒント

Hello Songの後に、このストーリータイム動画でユニット4のボキャブラリーとターゲットランゲージを紹介します。動画の前にピクチャートークで生徒が何に気づくか見てみましょう。動画のあとは、ユニット4のチャントをしてから、レッスンプランに従ってフォローアップアクティビティーをします。

 

Classroom Tip

After the Hello Song, use this Storytime video to introduce the Unit 4 vocabulary and target language. Before playing the video, talk about the picture, doing Picture Talk to see what students notice. After, play the Unit 4 chants and follow the lesson plan, choosing an activity students would like as follow-up.

 

お家でのヒント

ユニット4のプレイリストを全部再生します。Hello Songの後にこのストーリータイム動画を使い、このチャントアクティビティーのヒントに従ってユニット4Playing Dress-Upをもっと楽しみましょう!

 

At Home Tip

Play the entire Unit 4 playlist, using this Storytime video after the Hello Song. Follow the tips in the chant activities to have more fun with Unit 4 Playing Dress-Up!

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter  メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
12月 10

uehonmachi_dec10

“My sister is annoying sometimes, but when push comes to shove I know she’ll help me out.” 「お姉さんと喧嘩することもあるけどいざというときは助けてくれる。」

 

Pushがshoveになるとはつまり「いざというとき」、本当に困ったときです。このイディオムでは、pushで押されても別に平気だけどshoveで押されたらとても困るみたいな言い方です。Shoveはpushによく似ていますが、もっと力を入れた行動です。

 

“When push comes to shove” is a time when things get serious, when you are in trouble. In this idiom, it sounds like a “push” is not so bad, but a “shove” is very bad. A shove is a lot like a push, but more forceful.

Tagged with:
12月 03

uehonmachi_dec3ジョーカーは四つの組に属さないトランプのカードです。南北戦争時代のアメリカでユークルというゲームのためにできたカードですが、いろいろなゲームでワイルドカードとして使われています。1940年代でカナスタというゲームのために販売されるトランプが2枚のジョーカーを含むようになりました。3枚、6枚のジョーカーがついてくるトランプもあります!よくピエロや道化師の絵が描いています。

 

The joker is a playing card that doesn’t belong to any of the four suits. It was created in the Civil-War-era U.S. for a game called euchre, but is now used in many games as a wild card. In the 1940s, packs of playing cards began to include two jokers, for the game Canasta. Some decks may have three or even six jokers. Jokers often have pictures of clowns or jesters.

Tagged with:
11月 30

pbachantsClassroom Tip

This is the first video in the Happy Valley Phonics Book 2 series. This chant from Unit 1 places minimal pair p and b, plus the vowel a into a chant for sound and first letter identification practice, building on the Phonanimals Song and Phonics Book 1. First, do picture talk to see what students notice and can find in the picture. Then, have students listen to Track 3 and point to the words in the song. Next, watch this video and encourage students to say the sounds and words. Give student flashcards and when they hear the word or sound they can bring it to the front and put them in order on the board. Move on to the Let’s Chant sticker activity on p.3. Then, student can ask questions before moving to p4. Using What is it? they can ask about other objects in the picture, and then tell you if the word has the pba sounds in it. Break the sounds down for them. Students ask What is it? pointing to grass. Teacher responds Gr-a-ss. Can they hear the a? If they can’t, it’s OK; have them say the a sound and keep trying.

 

教室でのヒント

ハッピーバレーフォニックス2の最初の動画です。ユニット1のこのチャントは、フォナニマルの歌とフォニックスブック1に基づいて、音と頭文字の区別を練習するために、少しだけ違うミニマルペアの音「p」と「b」、母音の「a」をチャントで紹介します。まずは、絵の中で何をみつけられるかピクチャートークしてみましょう。次にトラック3を聴いて、歌に出るものを指さしましょう。そのあとはこの動画を観て、生徒が音と言葉を言うように促します。フラッシュカードを配って、その音や単語が聞こえたら前にもってきて順番においてもらいます。ページ3のLet’s Chantステッカーアクティビティーをします。ページ4に進む前に質問タイムをとります。What is it?と言って生徒がお互いに絵にあるものについて質問します。p, b, aの音が入っているかどうかを判断させます。音を分けて言ってあげましょう。例えば、草を指さして生徒がWhat is it?と質問します。先生は「Gr-a-ss」と答えます。aの音は聞き取れましたか?できなくても心配いりません。aの音を言わせ、また挑戦しましょう。

 

At Home

This is the first video in the Happy Valley Phonics Book 2 series. This chant from Unit 1 places minimal pair p and b, plus the vowel a into a chant for sound and first letter identification practice, building on the Phonanimals Song and Phonics Book 1. First, watch the Phonanimals Song video and do gestures. Then, watch this video and use gestures for the sounds and words. Use the free to download writing sheets on happyvalley.tv to start your child writing if they are ready for a quieter activity. Otherwise, pause the video with the three letters and objects showing and say p, b, or a. See if your child can draw the picture of the word with that sound. Then, have them say the word or sound and you touch the picture they drew that matches the sound or word they said.

 

お家でのヒント

ハッピーバレーフォニックス2の最初の動画です。ユニット1のこのチャントはフォナニマルの歌とフォニックスブック1に基づいて、音と頭文字の区別を練習するために、少しだけ違うミニマルペアの音「p」と「b」、母音の「a」をチャントで紹介します。まずはフォナニマルの歌を観てジェスチャーをしましょう。次はこの動画を観て音と単語にジェスチャーを合わせましょう。Happyvalley.tvにある無料ダウンロードのライティングシーツを静かなアクティビティーに使いましょう。静かすぎるなら、動画を文字と三つのアイテムでポーズしてp, b, aのどれかを言いましょう。その音で始まるアイテムが描けるかな?次は、子供が音または単語を言って、保護者がその音・単語に合う子供が描いた絵を指さします。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter  メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
11月 26

uehonmachi_nov26“The band gave a successful concert.” 「バンドのコンサートが成功しました。」

“The negotiations were successful.” 「交渉が成功しました。」

“Did you get an appointment?” “Yes, I was successful!” 「予約とれた?」「ええ、取るのに成功した!」

 

“The play was a big success!”(劇が成功した!)名詞のsuccess(成功)や“He succeeded in scoring the goal!”(スコアするのに成功した!)動詞のsucceed(成功する)を使うほうが自然な場合もありますが、形容詞の形successfulが一番自然で役に立つ場合があります。

 

Sometimes it’s more natural to use the noun “success” (“The play was a big success!”) or the verb “succeed” (“He succeeded in scoring the goal!”), but the adjective form “successful” is also useful and natural in many situations.

Tagged with:
11月 19

uehonmachi_nov19“Let’s meet at 12:00. How does that sound?” 「12時に待ち合わせしましょう。どうですか?」
“Fine by me!” 「いいよ!」

この状況で「はい、それでいいです!」と答えるフレーズが色々あります。「That’s fine!」「That’s fine with me!」「Okay with me!」などなどが皆同じ意味です。カジュアルな会話なので最初のThat’sは省略しても大丈夫です。ただし、That’s fine!のThat’sをなくすとかなり短くなって、怒っているように聞こえる恐れがあります。でも明るい声でしゃべっているならその心配はないはずです。

There are many ways to say “Yes, that’s good” in this situation. “That’s fine!” “That’s fine with me!” “Okay with me!” are all about the same here. Since it’s casual, we can leave off “That’s” from the beginning of some phrases. However, if it’s only “That’s fine!” shortening it to “Fine!” could make it too abrupt, and it might sound angry. However, this probably won’t be a problem when speaking in a cheerful tone.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: