1月 15

Uehonmachi_Jan15「お金を渡すんじゃないよ。詐欺よ。」
“Don’t give them your money. It’s a scam.”

Scamとは価値のあるものを渡さず誰かのお金をだまし取る行為です。有名な詐欺は、実際には所有すらしていない橋を売ることです。日本では、「振り込め詐欺」に注意するようと言われています。名前を名乗らずに息子のふりをして電話をし、口座にお金を振り込むように頼みます。本物の息子と間違えて本当に振り込んでしまうかもしれません!

A scam is a plan to trick someone into paying money for nothing of value. A famous scam is to sell someone a bridge that you don’t actually own. In Japan, we are warned to beware of scams called “furikome sagi”. Someone calls you, pretending to be your son, and doesn’t give his name. He asks you to transfer money to his bank account. You might mistake him for your real son and send him money!

Tagged with:
1月 12

fgh phonics video screenshot教室でのヒント

今回のフォニックスチャントはフォニックスブック1と合わせて使えますが、f, g, hの音を復習するだけでも使えます。まずはフォニックスソングを再生してすべての音を一度復習しましょう。それからこの動画で生徒にジェスチャーをしてもらいます。次はボキャブラリーにジェスチャーを加えます。「花」は花びらのように指を伸ばします。「ゲーム」はトークンを動かすふりをします。「ハート」は手を合わせてハートの形を作ります。もう一度繰り返します。最後に動画といっしょにチャントしてみましょう。何通りかのバリエーションがありますよ。例えば、音だけを言う、ボキャブラリーだけを言う、またはすべてのチャントに挑戦するなど。生徒数の多いクラスならば、生徒を2つのグループに分けて、音を言うグループとボキャブラリーを言う(もしくはジェスチャーをする)グループを作ってやってみましょう。自分のクラスにあったやり方をみつけるために色々試してみてください!

Classroom Tip

This chant can be used with Happy Valley Phonics Book 1 to introduce or review the sounds f, g and h. Play the Phonics Song to review all of the sounds; then, use this video, having students do gestures for the sounds f, g and h. Next, put gestures to the vocabulary: flower (cup hands together with fingers straight up like petals), game (action of moving your piece on the board), and heart (make a heart with your left and right hands), and do the chant again. Finally, see if the students can say the chant along with the track. You can do this in several ways, focusing on them saying just the sounds, just the vocabulary, or all together. In big classes, you can ask half the class to do the sound and the others to say the vocabulary, or just do the gestures at first. Play around with it and see what works for you and your students!

 

お家でのヒント

今回のフォニックスチャントはフォニックスブック1と合わせて使えますが、f, g, hの音を復習するだけでも使えます。まずはフォニックスソングを再生してすべての音を一度復習しましょう。それからこの動画で生徒にジェスチャーをしてもらいます。次はボキャブラリーにジェスチャーを加えます。「花」は花びらのように指を伸ばします。「ゲーム」はトークンを動かすふりをします。「ハート」は手を合わせてハートの形を作ります。最後に動画といっしょにチャントしてみましょう。例えば、音だけを言う、ボキャブラリーだけを言う、またはすべてのチャントに挑戦するなど。

絵本や家にあるこれらの物や同じ音で始まる物を探してみましょう。

At Home Tip

This chant can be used to introduce or review the sounds f, g and h. Play the Phonics Song to review all of the sounds; then, use this video, having your child do gestures for the sounds f, g, h. Next, put gestures to the vocabulary, flower (cup hands together with fingers straight up like petals), game (action of moving your piece on the board), and heart (make a heart with your left and right hands) and do the chant again. Finally, see if your child can say along with the track. You can do this in several ways, focusing on them saying just the sounds, just the vocabulary, or all together. Looking through books or around your house, try to find these objects or other words starting with these familiar sounds.

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
1月 09

9_Jan2/10まで入会金0円!!

全校で開催中!

随時無料体験レッスンを承っておりますので
お気軽にお問合わせください。

Tagged with:
12月 22

two-thousand-eighteen-2819045__340冬季休暇について

12月23日(土・祝)~1月8日(月・祝)の間は、レッスン並びに受付業務はお休みとなっております。

レッスンのご予約・ご変更は9日(火)以降にご連絡ください。

無料体験レッスンのご予約や新規お問合せはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

Tagged with:
12月 18

uehonmachi_dec18「おばあちゃんがくれたセーターが小さすぎるけどそれでも気に入ってる。大事なのは思いだから。」

“The sweater that Grandma gave me is too small, but I like it anyway. It’s the thought that counts.”

もちろん、完璧な贈り物がその人が使って喜ぶものですが、使えない贈り物を受け取ってもうれしい気持ちになることがあります。贈り物に問題があっても、それを選んでくれた人の愛を感じるからです。贈り物自体より送り主の気持ちが大切です。

Of course, the best gifts are something the recipient will use and enjoy. But even if you receive a gift that you can’t use, you may still be happy. Even if there is a problem with the gift, we feel loved because someone chose it for us. The gift itself is not as important as the thought or feelings of the gift giver.

Tagged with:
12月 15

hv68itsachickenClassroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 9, introduces animals we often find on farms, using the chunk It’s a. After Storytime, do the “Farm Chant” and then do it again with gestures. Then do the “It’s a Chicken Chant”. Finally, sing the song “Kinka and Pinka on the Farm” to introduce the sounds these animals make. This is a great unit to play charades with to review animal names, but also a chance for students to play Slap (karuta), with students asking “What says moo-moo?” so they can slap pictures of the animals. As students become confident, they can answer aloud with the animal names. If you have small animal figurines (you can also use flash cards), pretend that the animals have all run away. Hide them in the room and have your students search for them. Ask them what they can find, and when they discover one of the animals they can say its name in English and put it back on the farm.

 

教室でのヒント

 

スチューデントブック2のユニット9に出てくるこのチャントでは、牧場にいる動物を紹介します。ストーリータイムの後「Farm Chant」をして、もう一回ジェスチャーを加えてしましょう。それからこの「It’s a Chicken Chant」をします。最後に「Kinka and Pinka on the Farm」という曲で動物の鳴き声を紹介します。シャレードで動物の名前を復習するのも良いですし、かるた(Slap)を使っても楽しいですよ。生徒が「What animal says moo-moo?」などときいて、動物の絵をslapします。自信がついてきたら、動物の名前を言って答えることもできますね。動物のおもちゃがあれば(フラッシュカードでも可)動物がみな逃げ出したという設定にして、動物を教室のいろいろなところで隠して探してみましょう。何が見つかったか尋ねて、見つけた生徒がその動物の名前を英語で言って牧場に戻します。

 

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 9, introduces animals we often find on farms. Using the “Farm Chant”, “It’s a Chant”, and finally the “It’s a Chicken Chant”, your child can identify these animals in English. Using books you have at home, search for the different animals and identify them using English. If you have small animal figurines, pretend that the animals have all run away. Hide them in the room and have your child search for them. Ask them what they can find, and when they discover one of the animals, they can say its name in English and put it back on the farm.

 

お家でのヒント

 

スチューデントブック2のユニット9に出てくるこのチャントでは、牧場によくいる動物を紹介します。「Farm Chant」「It’s a Chant」「It’s a Chicken Chant」を使って、英語でこれらの動物の名前が言えるようになります。家にある本で動物を探して英語で言ってみましょう。動物のおもちゃがあれば(フラッシュカードでも可)動物がみな逃げ出したという設定にして、動物を教室のいろいろなところで隠して探してみましょう。何が見つかったか尋ねて、見つけた生徒がその動物の名前を英語で言って牧場に戻します。

 

 

Don’t forget that you can find Happy Valley Phonics Starter lesson plans on the Happy Valley Downloads page! Units 1-9 are available now, with the final Unit 10 coming for the new year!

ハッピーバレーフォニックスStarterユニット1~9のレッスンプランはダウンロードページでチェックしてください!最後のユニット10は新年までにアップします!

 

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
12月 11

uehonmachi_dec11チャールズ・ディケンズの有名な小説「クリスマス・キャロル」では主人公のエベネーザ・スクルージがクリスマスを嫌っています。他の登場人物がクリスマスを楽しむように、クリスマスなんだから人に親切にするように言うと「Bah! Humbug!」と答えます。このクリスマスなんかくだらないという意味のフレーズはよく知られているようになりました。クリスマスが近づくとカードや包装紙にジョークとして書いてあることもあります。

In Charles Dickens’s famous novel A Christmas Carol, the character Ebenezer Scrooge hates Christmas. When other characters tell him to enjoy the season or be kind to people because it’s Christmas, he says, “Bah! Humbug!” The phrase has become well-known. It can be seen around Christmas on cards or wrapping paper as a joke.

Tagged with:
12月 04

uehonmachi_dec4サンタさんのトナカイの名前はダシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、コメット、キューピッド、ドンナー、ブリッツェン、ルドルフです。最初の八頭は「クリスマスの前の晩」で知られている1823年の「聖ニコラスの来訪」という詩からきました。空を飛ぶ、走る、踊るイメージからついた名前が多いです。キューピッドも、バレンタインと関係する天使ですが、羽を持っています。ドンナーとブリッツエンは雷と稲妻という意味です。ヴィクセンだけは何故かメギツネという意味です。ルドルフはもちろん「赤鼻のトナカイ」に登場しました。

Santa’s reindeer are named Dasher, Dancer, Prancer, Vixen, Comet, Cupid, Donner, Blitzen and Rudolph. The first eight reindeer appeared in the 1823 poem “A Visit from St. Nicholas”, which is commonly known as “The Night Before Christmas”. Some of the names sound like images of flying, running or dancing—Cupid is an angel we think of at Valentine’s Day, but he has wings. Donner and Blitzen are named after thunder and lightning. Vixen, strangely, is named for a female fox. Rudolph, of course, comes from the song “Rudolph the Red-Nosed Reindeer”!

Tagged with:
12月 01

hv67toystorechant教室でのヒント

スチューデントブック2のユニット7に出てくるこのチャントでは、子供が好んで遊ぶものを紹介します。チャントをして、もう一回ジェスチャーを加えてチャントします。天気がいいなら、外でシャボン玉とコマで遊びましょう。シャボン玉を数えると数字の復習ができますよ。コマが回っている間数えるのもいいです。20まで何回数えることができるかな?次の授業でパズルやボードゲームを用意します。生徒に「What do you like?」ときいて、「I like puzzles」と答えたら、他の生徒に「Me too」または「Not me」を言ってもらいましょう。

Classroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 7, introduces items that kids like to play with. After Storytime, do this chant and then do it again with gestures. If the weather is nice, go outside with some bubbles and tops. Spend some time playing. Review numbers by counting bubbles, or counting for as long as the top is still spinning. How many times can you all count to 20? In the next class, bring a puzzle or a board game. Ask a student, What do you like? When they reply, I like puzzles, see who else likes the same thing and encourage them to say Me too or Not me.

 

お家でのヒント

スチューデントブック2のユニット7に出てくるこのチャントでは、子供が好んで遊ぶものを紹介します。チャントをして、もう一回ジェスチャーを加えてチャントします。天気がいいなら、外でシャボン玉とコマで遊びましょう。シャボン玉を数えると数字の復習ができますよ。コマが回っている間数えるのもいいです。20まで何回数えることができるかな?次にパズルやボードゲームで遊びます。「I like puzzles」と例を言って、子供に何が好きかを言うように促します。返事に「Me too」または「Not me」が使えますね。他の場合にも同じ表現が使えますよ。「I like juice」「I like cars」「I like green」「I like playing」

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 7, introduces items that kids like to play with. Do this chant and then do it again with gestures. If the weather is nice, go outside with some bubbles and tops. Spend some time playing. Count how many bubbles in English, or count for as long as the top is still spinning. How many times can you count to 20? Next time, do a puzzle or play a board game. Model the language I like puzzles and encourage your children to say what they like. You can reply Me too. or Not me. You can use this language for many things: I like juice. I like cars. I like green. I like playing.

Check out our latest Happy Valley Phonics Starter lesson plans for Unit 8, on the Happy Valley Downloads page!

ハッピーバレーフォニックスStarterユニット8の最新レッスンプランはダウンロードページでチェックしてください!

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.
ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。
Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!
Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
11月 27

uehonmachi_nov27“Do you remember the first time you met?” 「最初に会ったときのことを覚えていますか?」
“I don’t remember where I parked the car.” 「車をどこに止めたか覚えていない・思い出せない。」
“Try to remember how you felt at the time.” 「その時の気持ちを思い出してみてください。」

「Remember」はその情報が頭の中のすぐ取り出せる場所にあるという意味で使います:このロックの組み合わせが思い出せない・覚えていない。何かを思い返すことという意味もあります:その鳥を図鑑で調べましょう。どんな風だったか思い出してみて。

“Remember” is used to say we have the information in our heads, where we can get it easily: “I don’t remember the combination to this lock.” It’s also used to describe thinking back on a past time: “Let’s find the bird you saw in this guide. Try to remember what it looked like.”

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: