Jan 25

“This place used to be really nice, but now it’s completely gone to the dogs.” 「前は良かったけど随分クオリティーが落ちたもんだ。」

悪くなったものは「犬たちのところに行った」と言います。昔好きだったレストランに久しぶりに行ってみると料理もサービスもひどければ、gone to the dogsと言えます。前は良かったけど最近は毎回負けるスポーツのチームもそうです。状況が悪化していっているように思えたら国や経済にもよく言います。

If something becomes much worse, we can say it’s “gone to the dogs”. If you visit a restaurant you used to like, but the food and service are terrible, you might say this. A sports team that used to be good but now always loses can also be said to have gone to the dogs. You might hear people say the country or the economy is going to the dogs, when it seems like things are getting worse.

Tagged with:
Jan 18

お正月はどう祝いましたか?12月31日の24時に何か特別なことをしましたか?英語を話す人はよく、新しい年の始まりに古い年にお別れを告げるためにオールド・ラング・サインという歌を歌います。もともとはスコットランドのポエムで、タイトルは「昔」という意味です。18世紀の始まりでも古い歌として知られていたほど古い歌です。正月以外にもお葬式や卒業式など、終わり、お別れ、新しい始まりを中心にするイベントで使われます。

How did you celebrate the new year? Did you do anything special at midnight on December 31? English speakers often sing “Auld Lang Syne” to say goodbye to the old year as the new year begins. This song was originally a Scottish poem, and the title means “old times”. The song is so old that it was already considered an old song in the early 1700s. In addition to New Year’s Eve, it is sometimes used at many events focusing on endings, farewells, and new beginnings, including funerals and graduation ceremonies.

Tagged with:
Jan 14

平素はレッスンをご受講頂きありがとうございます。

1月14日より大阪・京都・兵庫に緊急事態宣言が発令されました。

モダンイングリッシュでは引き続き、感染拡大防止対策を徹底の上、これまで通り対面レッスンを継続致します。

詳しくはこちらまで。

Tagged with:
Dec 21

“I didn’t see him steal it, but he looked suspicious.” 「彼が盗むところを見たわけではないが、彼が怪しそうだった。」

“I’m suspicious of him, too.” 「私も彼を疑っている。」

“There were suspicious footprints leading away from the scene of the crime.” 「現場から続く怪しい足跡もあった。」

Suspiciousは悪いことをした(もしくはしようとしている)人のことや、それを怪しむ人のことを言います。違和感のある、証拠になるかもしれないものなど、人以外のものにも使える言葉です。

“Suspicious” can describe a person who might have done something bad (or be going to do something bad), and it can also describe the person who suspects that person. It can be used with things other than people, too, such as possible evidence that seems out of place.

Tagged with:
Dec 16

12/23(水)~1/5(火)の間はレッスン並びに受付業務はお休みとなっております。

レッスンのご予約/変更は生徒様専用ページで可能です。その他お問い合わせは6日(水)以降にご連絡ください。

無料体験レッスンのご予約、新規お問い合わせはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

Tagged with:
Dec 14

“The question is whether he did it or not. His reasons are neither here nor there.” 「問題は彼がやったかどうかだ。やった理由は関係ありません。」

「ここにもそこにもない」と言ったら、関係ないや大切なことではないという意味です。関係がありそうなことは実はどうでもいいという場合によく使います。

Something that is “neither here nor there” is not relevant or not important. Sometimes we use it to say that something that seems relevant to the question at hand actually doesn’t matter.

Tagged with:
Dec 07

“This show is for the birds. Let’s play video games instead.” 「この番組はバカバカしい。代わりにゲームしよう。」

“Sports are for the birds. My parents wanted me to sign up, but I’d rather go to the mall with my friends.” 「スポーツなんてくだらない。親に勧められたけどそれよりショッピングモールで友達とくつろぎたい。」

“Taking the bus is for the birds. I can’t wait until my car is fixed.” 「バスで通勤なんてやってられない。早く車治らないかな。」

For the birdsなことは価値がない、バカバカしい、または望ましくないことです。

Something that’s “for the birds” is worthless, stupid or undesirable.

Tagged with:
Dec 02

Decadeは十年間。Decahedronは十面体。十分の一を数える数字の前におく小数点はdecimal pointです。Decathlonとは十種競技、十個の協議を競うイベントです。ではなぜDecemberが十月ではないのでしょう?実は昔、10個目の月でした。名前が決まった後に月が二つ増えました。

A decade is ten years. A decahedron has ten sides. We put a decimal point before a number indicating tenths. A decathlon has ten different athletic events. Why isn’t December the tenth month? Actually, it used to be the tenth month, before two more months were added to the calendar.

Tagged with:
Nov 16

“Almost all the students passed the test.” 「生徒のほとんどがテストで合格した。」

“Almost all the leaves were bright red!” 「ほとんどの葉っぱが真っ赤だった!」

“My brother ate almost all the pizza.” 「お兄さんがほとんどすべてのピザを食べてしまった。」

グループやものの「ほとんど」について何かを言うときは、almostの後にallを入れるようにしましょう。Almostは副詞なので、普通は名詞ではなくallみたいな形容詞、または動詞(I almost caught the ball, but I missed it=もうちょっとでボールを受け取るところだったけどミスった)につけます。

When you are saying something about most of a group, or most of an object, don’t forget to include the word “all” after “almost”. “Almost” is an adverb, so it should describe an adjective (“all”) or verb (“I almost caught the ball, but I missed it.”)

Tagged with:
Nov 09

“If someone says they’re going to send you a million dollars for no reason, it’s probably a scam. That’s just too good to be true.” 「理由もなく一億円を送ると言ったら、多分詐欺だ。できすぎた話だ。」

ほとんどのことは完璧ではありません。完璧なものがあったら怪しむかもしれません。そんなに完璧なはずはないのでは?「真実には良すぎる」という表現を信じられないほど良いことを表します。怪しいと思ったときによく使います。本当は嘘なんじゃないのか?過去にもっと怪しんだらよかったという状況にも使えます。 Most things are not perfect. If something seems perfect, you might feel suspicious. It can’t really be so perfect, can it? We can use “too good to be true” to describe things that are unbelievably good. We often use this phrase when we feel suspicious—maybe it isn’t really true at all! Sometimes we use it to say we should have been more suspicious in the past.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: